ハイブリッドのスポーツは受けない?

今回車について考えてみました。ハイブリッドスポーツの代表といえるのがホンダのCR-Zですが、近年・販売台数が伸びず(月産100台程度)生産打ち切りが決まったようです。

たまに街中で見かけるCR-Zをみては、ウキウキしていたのですが私的には非常に残念でなりません。ハイブリッドスポーツでしかも、MTの設定のあるのはCR-Zだけなんです。ただでさえCVT全盛の昨今、MT派の私としては肩身が狭い?思いをしておるのでございます。

MTの利点と言えば
まず第一にMTは発進時や加速時・減速時に必ずクラッチを切り、ギアを入れクラッチを繋ぐ必要があります。そしてアクセルをなめらかに踏むと、これでようやく加速出来ます。
でも、この操作を行っている間は車は加速しないので、回りのAT・CVTやらには置いていかれてしまうのであります。他の車から見れば「何やってんのコノ人?」と思われているに違いありません。

次にMTには車を操作している感があり、楽しい。ことに私の車は古いが為、電子制御なるものが無いのであります。ブレーキ・ハンドリングは全て自分の感性で行います、走る・曲がる・止まる の基本が出来ていないと車はうまく走ってくれないのです。そこを自分でポンピングブレーキを掛けたり、シフトダウンしながらエンジン回転を調整するのが感覚的にも楽しいのです。

最後にMTはアクセルとブレーキを踏み間違えるキケンが無い。たまーにコンビニ等に車が突っ込んだなんて記事が出ていますが、これはアクセルとブレーキの踏み間違いによるものです。以前にMTに乗っていた方が、AT・CVTに乗っているのをつい・忘れてアクセルとブレーキを間違えてアクセルを踏み込んでしまうのです。すると、キックダウンという現象が起こり車が加速状態になります。人間パニックになると間違ったアクセルを踏み続けます。これが原因になるのです。

MTは緊急時にクラッチを切れば動力はカットされますので大事には至りません、そこが一番大事?

話は大幅にそれてしまいましたが、ハイブリッドはあくまでも燃費重視なのでスポーツ性はそれほど強調していなくても売れる事。また、モーターと電池を積んでいるので重いので、スポーツには向かないと考えられることが挙げられる。現時点ではガソリン車の方がスポーツ性を引き出すのが容易な為、ハイブリッドのスポーツは難しいのでしょう。でも、海外のメーカーはプラス・ダウンサイジングターボでハイブリッドのスポーツ性を高めています。日本車もそんな車を作って欲しい、是非MTで。
car_sports

オークションで落札する事も可能なガラスコーティング材

マイカーの保有者の方々は、たまにガラスコーティングに興味を持っています。そのメリットは、やはり車の見栄えですね。
そもそも車オーナーの方々は、見栄えを気にしているケースは非常に多いです。客観的な見栄えが良くなるようにしたいと思っている訳ですが、前述のコーティングを施しますと、かなり見栄えが良くなる場合があります。

例えば、ピカピカ感が挙げられます。その施行により、車の光沢感が際立って見える事も非常に多いのですね。
ところで業者にその施工をお願いするとなると、もちろん費用がかかります。少なくとも無料ではありませんね。
もしもその費用が気になるのであれば、思い切ってオークションを利用する方法もあります。実はそのWEB媒体の競売システムを用いると、コーティング剤を購入する事は可能なのですね。

現に、現時点でも幾つかのコーティングの材料が販売されています。すでにいくつかの製品に対して、入札が入っている状況なのですね。ですので、やはり需要はあるのでしょう。

ただし自分でコーティングをする場合は、場所などはよく考えた方が良いですね。あまりホコリが多い場所ですと、ガラスコーティングの効果が薄れてしまう事があるのです。せっかく頑張って塗っても無意味になってしまう場合があるので、できれば室内のガレージにてそれを利用すると良いでしょう。
つまり車に対して塗るのは、ちょっとテクニックやコツなどが必要なのですね。プロの技術が必要なのであれば、やはり業者に任せる方が良いと思います。

私の愛車も大阪のガラスコーティング専門店で施工してもらいました。
仕上がりには大変満足しています。

美的洗濯物干し・専業主婦になって気付いたこと

立場が変わる、生活環境が変わるというのは人に大きな影響をもたらします。
専業主婦に限らず、フルタイムの外仕事であっても、職場が変われば人間関係も変わり、仕事のやりがいだけでなく、居心地の良さなども手伝って、その人の性格まで変わってしまうように見える事もよくあります。

私は現在、専業主婦ですが、その生活の中で気付いたことの一つに、洗濯物を干すのはやっつけ仕事ではなく、短時間のアートだというのがあります。
大袈裟に感じる人が大多数ではないでしょうか。
私自身もこの生活になる前までは、日々の衣類の洗濯はやっつけ仕事中のやっつけ仕事でした。
まさか、そのやっつけ仕事の最中の日々消化されていく限定された時間をより美しくしようなどと、夢にも思っていませんでした。

洗濯物を美しく干す、というのは具体的には、形の似ている物をより近い色の順にハンガーやピンチに挟み、干すというものです。
気が向くと、形の同じもの同士を集めるのではなく、わざと異なった形状のものを互い違いに干したり、という事もします。
根が大雑把なので、取り込む時にはバサバサとかごに入れるか、量の少ない時にはかかっているところから直接もぎ取るようにして一枚一枚畳んだりもします。
その為、種類別にまとまって干されている必要はありません。

これは、人に見せる為ではありません。
洗濯物を通行人に見える位置に干していないという事もあるのですが、自分の楽しみとして、自己満足、それも日々消えてゆく限定された時間の為にしている事です。
同じ集中して作業をするのなら、パズルを解くように、ゲームをするように作業をする方が楽しいのです。

こうなると、洗濯物干しは最早やっつけ仕事ではなく、一つのゲームになります。
モバイルゲームと同じです。
電車の中での時間潰しであったりもするゲームのような事を、専業主婦はその代表的な仕事の一つとしてすることが出来る訳です。

専業主婦の日々の作業は、実績として残るようなものではありません。
でも、私たちは常に“今”という瞬間にしかいないのですから、たとえ消えてゆくものであってもその“今”が楽しくなったというのは、素晴らしい変化です。

大袈裟に思われてしまうかも知れませんが、個人的には大きな収穫です。

レンタルドレスと和服のレンタル

私はレンタルドレスは2軒のお店の会員になっています。
十年くらい前までは結婚式ラッシュでひっきりなしにレンタル屋さんにお世話になっていました。

比較的遠く離れたところでの結婚式が多く、和服よりはドレスの方が楽だったのでよく利用していました。一軒の大阪のレンタルドレスのショップはかなりフォーマルなものが中心で、アクセサリー、バッグ、靴をトータルで2泊借りて20000~40000円前後でした。ここでは都合3回借りました。落ち着いた雰囲気のドレスが多くとても気に入っていました。お店の雰囲気も高級感があって店員の方も洗練されていました。

もう一軒のお店は少しカジュアルな品ぞろえでした。パンツルックなどの洋服も豊富にそろっていて結婚式だけでなくパーティーなどに行くときには最適でした。どちらかと言うと若い人向けだったと思います。ここでは2回レンタルしました。この店でちょっと驚いたことが、契約書の中に「わきが」の人にはレンタルできませんと言う注意書きがあることでした。

これはどうなんだろう・・と正直ちょっと戸惑いました。断られた人はかなり落ち込むのではないでしょうか。今でもあるかどうかは最近は行ってないのでわかりません。次は和服のレンタルですが、ここは呉服屋さんが貸衣装もやっているというシステムで、こちらはバッグも草履も一そろい1泊で20000~30000円でした。

遠くに行かなくてもいい結婚式は和服で済ませていました。ここでは4回ほどレンタルしました。その場で着付けもしてくれるのでとても助かります。最近は結婚式も少なくなってあまりレンタルの必要が無くなってきました。あっても簡易結婚式のような形が多いので、持ち合わせの洋服で済ませられるということです。ドレスアップしすぎて顰蹙を買ってもいけないですから。一時期のような華やかな結婚式は影を潜めもっぱら地味婚式が主流になった昨今ですが、レンタル屋さんは大変なのではなどと思ってしまいますが・・・。
woman_okurimono

ハワイなんて、、と言ってた私が今ではハワイLOVE

沢山の日本人の方にとって初めての海外旅行と言えばハワイだったりすると思うんですよね。なにせ日本から近くて日本人観光客も多いから英語なんて話せなくても問題ない。だから日本人はみんなハワイ大好きですよね。でもヒネクレ者の私はみんなが行く所へは行きたくない!みんなと同じのが嫌でしょうがない!そんなやつなんです。

だからハワイにはずっと行ったことがなかったんです。よくお正月なんかに芸能人がこぞってハワイに行ったり、家族で夏休みはハワイなんていうのを見るとミーハーだな、、、なんて小ばかにしていました。でも心のどこかで一度は行ってみたい気持ちもありました。なんて言うか馬鹿にしちゃった以上は行きたいなんて言えない、、、みたいな感じでした。行ったことあって好きじゃないならまだしも、行ったこともないのに馬鹿にするのも変ですよね。
そんな私にハワイへ行くチャンスが訪れたんです!ハーフのいとこが婚約して、彼女は小さい頃自分の育ったハワイで結婚式を挙げるのが夢だったんです。だから私も招待されていくことになりました。表面上はしょうがないな~なんて言っていたけれど内心はやっとハワイにいける!って思ってました。いとこがみんなの分をまとめてホテルを取ってくれたので私たちゲストは航空券だけ買って行くことができました。

飛行機から見えるエメラルドグリーンの海でもう興奮しまくりでした。うーん、来てよかった。空港に着くともうトロピカルで少し湿度が高いような気はしましたが問題ないです。絵に描いたような南国でした。パイナップルを売るスタンドなどもあってみんなアロハシャツです。ゆったりとした時が流れているのがわかりました。

泊まったホテルはコンドミニアムタイプの所でワイキキまで数分で着きます。キッチンがあるのでスーパーで食材を買って料理もしました。もうこの時点で私はハワイが大好きになっていました。街は安全で夜でも人出が多く気軽に出歩けます。日本語もほとんどのところで通じるし、日本食がそこら中で食べられます。ハワイの食べ物のほとんどが日本食ベースなんじゃないかと思うくらい日本となじみの深い場所でした。街の人も南国の人独特のゆったりとした感じの人が多いです。最初はのんびりすぎてイライラしましたがここまで来て小さなことで怒るのもばかばかしくて気長に待つことにしました。あの天候がきっと人々の心をゆったりとさせているのでしょう。ワイキキは開発が進んでかなり都会ですがそれでも一歩外へ出れば田舎です。ハワイの人々を見ているとまるで昔の日本人がそうだった様に人情だったり近所付き合いだったり私たちが東京で失ってしまった物を持っている様に感じました。

ただ一つ不満があるとすればワイキキビーチは混みすぎでいてまるでイモ洗いの様でした。場所の取り合いもすさまじく、隣に全く知らない人が寝そべっている状態です。あんまり優雅なビーチでのんびり、、っという風にはいきません。かと言ってノースショアの方へ行くと地元の人がほとんどで観光客の数も減るのですが波が高くてとてもじゃないけど海水浴どころではなかったです。サーフィンをするにはもってこいの高波でサーファーが沢山いました。スパムむすびを買ってビーチに座りながらサーフィンをする人々をぼーっと眺めてすごしました。それはそれで楽しかったです。都会では絶対に体験できないようなリラックスできる一時でした。色んなことを頭に浮かぶがままに考えながら太平洋をボーっと眺めているうちに自分の悩みの小ささに笑えてきました。
それまでずっとミーハーだとか言ってハワイを馬鹿にしていた私ですがそれ以来ハワイファンの一人です。
vacation_sunset

子供の顎の受け口の矯正

娘が先月3歳になりました。
半年に一度、歯の定期検診に行っているんですが、半年前の検診の時に「この子は受け口のようなのでちょっと矯正した方がいいですね」と言われました。
2歳の時にもしかすると・・という程度で受け口のことを言われたんですが、今回はやっぱりか・・という感じでした。
治療をどうすればよいかを聞くと、少し大きめの矯正歯科の医院を紹介されました

後日その矯正歯科に行くと「ムーシールド」というマウスピースで受け口を矯正する方法を説明されました。
正直、矯正というと銀色の金属を口に入れることを覚悟していたので、ホッとしました。
女の子なので歯に銀色のものが入っていると恥ずかしいだろうなと・・。
しかもそのマウスピースは夜だけの着用で良いそうです。
寝る時にどういう反応になるかはわかりませんでしたが、少なくとも家の中だけ付けておけば良いというのは安心しました。

その場で治療をお願いすると、まず口の型を取ってマウスピースの型を作る作業をするようでした。
その日はその型だけ取って1週間後にマウスピースが完成して説明を聞きました。
娘に付けてみると、「キツくない?」という先生の問いかけにも全然問題ないようです。
夜寝る時に付けますが、それで多少口呼吸になってしまうのは仕方がないそうです。
これをまずは3ヶ月を目処に始めましょうと言われました。
家で付けてみると、娘もそれほど嫌がらず付けたまま眠ってくれるので安心しました。

そして先日、治療を始めてちょうど3ヶ月が経ちました。
いつもの経過観察で顎の状態を診てもらいました。
「うん。良くなったね。これならもう外して良いですよ」と言われました。
「よく頑張ったね~」と先生が娘を褒めていましたが、娘は「?」となんで褒められたのかはわかっていない様子笑。

一時はどうなることかと心配しましたが、このまま歯がうまく綺麗に生え変わってくれることを願うばかりです。

遮熱塗料は想像以上!

新築で購入した築12年の一戸建てに家族4人で住んでいます。
先日、家の外壁に大きなヒビが入っているのを見て、1回もやったことがなかったのですが、遂に外壁塗装を依頼する決意をしました。
最初は業者探しです。ネットで調べると、地元だけでも結構な件数があり、絞り込めませんでしたので見積もりを何社かとってその中から決めることにしました。
早速、何社か家に来てもらい見積もりしてもらったのですが、なんか決定打に欠けます。
この時点で5社から見積もりをとっていて、考えすぎなのかとも思いましたが、もう一社から見積もりを取ってその中から決定することにしました。
そして、最後の見積もり業者がきました。
そして、見積もりしをてもらったのですが、なんか今までと違う感じがします。
親身に話を聞いてくれてるし、なんか受け答え上手でなんでも相談してしまうのです。
その中で、夏が弱いからついエアコンを使いすぎる、という旨の話をしていたら業者さんがある塗料の説明をしてくれました。

その塗料の名前は、「遮熱塗料」と言い、外壁や屋根に塗ることでその部屋の室温を少し下げる効果があるということです。
理由は家の内部の冷たい空気を表に逃げにくくするから、冬でも当然家の中の熱は逃げにくいので室温があがる、夏でも冬でも使える塗料。
覚えている範囲ですがこんな風に説明されて、私はその塗料を魅力的に感じたので、とても安いとは言えない金額でしたが塗り替えをその業者さんにお願いしました。
翌週から早速工事に入ってくれて、途中雨があって進まない日もあったのですが、10日ほどで全体の作業はおわりました。最後には非常に丁寧にサッシ周りや土間や地面周りと家の前の道路まで掃除してくれました。
家のヒビは目立たなくなり、色まで変わって更に愛着がわいたのでほかにも色々とやりたいことがでてきました。
そして、遮熱塗料の効果は大で室温が3~5度くらい下がって冬場は1~3度くらい上がります。
やはり冬より夏向けに作られている塗料のようですがこれほど期待以上に効果を発揮してくれるなら次回もこの塗料でお願いしようと思います。

sun01

喉が渇く前に何か飲まないと色々危ない

普段からあまり水分を取らないで過ごしています。今は夏が近付いて暑い日が多くなり、そうもいかなくなりそうですが、冬場など寒い時期や汗をかかない日があると、朝起きてからうっかり晩ご飯まで何も飲まなかった時もあります。喉が渇かなくても水分を取らないといけないのは頭では理解していても、うっかり飲まなかった場合がすごく多いです。
ただ、やっぱり夏や暑い時期になると、喉が渇きます。夏は特に、喉が渇く前に水分を取らないと危険だと聞きます。しかし、それでも私は喉が乾かないと何かを飲もうという行動が起こせません。それが災いして、度々、倒れる寸前まで我慢するという危険を犯しています。
先日、自転車で40分掛けて目的地まで辿り着いた時に、喉が乾いたので飲み物を買おうとしたのですが、そこで財布を忘れたことに気付きました。
私は絶望しました。そこから数時間用事をしなければならず、その間は飲まず食わずです。いつもは平気で半日飲まなくても気にならないのに、いざ飲めないとなると焦ります。その時はなんとか水分を取らずに用事を済ませらました。しかし、帰りは暑さのピークでした。太陽が暑く、つらい。坂を登るので体力も要りました。
すると段々息が荒くなります。頭もズキズキと痛くなります。水分不足ですね。吐き気も襲ってきます。頭がくらくらして時々視界が暗くなります。
6時間くらい水分を取っていません。6時間飲まないで大丈夫なのかはよくわかりません。もしかしたら大丈夫じゃないのかもしれません。帰宅したら体力も尽きて体が暑くて力が入らなくなりました。眠気も襲ってきます。水分補給も止まりません。水分をちゃんと取っていたらこんなことにはならないだろう、と反省しました。ギリギリまで我慢をして、耐えられることを特技だと馬鹿な勘違いをしていました。私は運が良かったのか、まだ真夏じゃないから良かったのか、倒れはしませんでしたが、これからはもっと自分の体に気を遣いたいと思います。
sick_takansyou

一眼レフカメラと一人旅のすすめ

昨年のボーナスが出た際、ずっと憧れていたデジタル一眼レフカメラを購入しました。
「カメラ女子」何て言葉が流行している今、カメラを首から下げて歩いている女性も少なくありません。
旅行に行く度に、目の前に広がる絶景やシーンを、綺麗な写真にして残すことができたら、と常々感じていました。

様々なカメラの口コミ評価や選び方の記事を読み、使い込んでいくうちに、ミラーレス機では物足りなく感じるであろうことを知り、一眼レフカメラのエントリー機であるニコンのD5300を購入しました。
私が購入した時期は、同じシリーズのD5500がリリースされたばかりだったのですが、液晶にタッチパネルがついたこと以外は、さして性能が変わらないため、初心者である私はD5300で十分であると、お店の方に教えていただき、このモデルに決めました。

購入したばかりの時は部屋にある小物等を試し撮りをパシャパシャとして、背景をぼかしたり構図を考えたりしました。

まず、何を撮れば良いのかもわからなかった私は、紅葉、季節の花、一人旅のすすめなど、ネットに載っている記事を読みました。
SNSで、開催されているイベントを取り上げているアカウントをフォローしてみたりもしました。
見つけた記事で気になるものがあるときは、実際に行ってみて写真を撮る、ということを少しずつ始めました。

カメラを使い始めて分かったことは、撮影を目的に出掛けるのは一人で行くのに限る、ということです。
カメラの操作が慣れていないうちに、友達と出掛けた先にカメラを持ち出すと、構図を考えたり設定を変えたりすることで、相手を待たせてしまうのではないか、という思いから思うままに時間を掛けて写真を撮ることができません。
同じく、写真を撮りたいと思っている友達と一緒でない限り、写真を撮ることを目的に行くのは難しいものだと感じました。
そこで初めての一人旅に行くことを決めました。

行き先は秋の京都にしました。
理由は、日本の中でも紅葉の名所である京都で、色鮮やかな写真を多く取りたいと思ったからです。
私と同じように一人旅に来る観光客も多くいます。
せっかくカメラを持っていくのだから、大自然の壮大さを感じられるところに行ってみようかと思ったのですが、初めての一人旅に女一人で行く、という心細さから、人の行き来が少ないところよりも多くの人で賑わっている観光地を選びました。

いざ、行ってみた一人旅はとても楽しかったです。
どこの場面を切り取っても絵になる京都という都は撮影旅にぴったりでした。
古都と紅葉のコラボレーションは古き良き日本を表していて、多くの外国人が京都を訪れる理由が、日本人ながらに分かった気がします。

同じ構図で、カメラの設定を変えて何枚撮っても、待たせる相手もいないため咎められるこかくともありません。
自分が納得するまで同じところにいられ、自由気ままな旅となりました。
最近、私はツイッターやインスタグラム等のSNSに撮った写真を載せるようになりました。
同じように写真を撮る方々が使っているタグを自分の写真につけることで、タグをもとに私の写真を見てくれる人もいます。
見ず知らずの方から頂く「いいね」は自信につながります。
もっと多くの人に写真を見てもらいたい、という気持ちが大きくなります。
また、タグをもとに、他の人が投稿した写真を見ることも増えました。
自分では撮ろうという発想に至らなかった、身の回りの風景や日常生活が美しくおさめられている写真に出会うことがてきました。
これからも、多くの写真を見て、いろいろなものを撮ることに挑戦しようと思います。
趣味として一眼レフと一人旅、とてもおすすめです。
ichigan_camera_woman

ビル清掃の仕事を選ぶことでプラスになることは?

日本の都市にはオフィスビルが膨大にあるために、ビル清掃のアルバイトは必要不可欠な仕事です。それだけに求人の数も多くなっていますが、ビルの清掃をやってみてプラスになると感じられることがいくつもあります。

1つには毎日違った作業現場に向かうことができることを挙げられます。
これはなぜかというと、仕事場がいつも違っていることで、飽きが来ないということもあります。
新築のオフィスビルに入ったり、逆にとんでもなく古いビルの清掃をするということもあります。
未知の空間に出て行く事はしばしばあり、その度に新鮮な気持ちで仕事ができます。
そしてビルからの景色を見る機会もあるでしょう。
それぞれの建物の周囲は全て違った景色なわけですから、眺めの良い場所を清掃することは、けっして退屈することではありません。

自分が建物を綺麗にしたんだという達成感は得られることです。
自分が掃除したことで、オフィスを利用している人が快適に使って行くことができたなら、嬉しいことではないですか。

清掃現場まで直行直帰が可能になっているビル清掃会社もありますが、一つの地域で長い間清掃業務をしていると、いつのまにか街の地理を覚えているものです。
この街には何があるか、近道はどっちかなど、自分が生活するエリアの情報を直に掴み取れることも、プラスに考えていくことができます。
都市部では清掃現場が膨大にあるために、清掃業は仕事が安定することもあるでしょう。
ビル清掃の仕事にはやっていて良いことがいくつもあると気づきます。