ハワイなんて、、と言ってた私が今ではハワイLOVE

沢山の日本人の方にとって初めての海外旅行と言えばハワイだったりすると思うんですよね。なにせ日本から近くて日本人観光客も多いから英語なんて話せなくても問題ない。だから日本人はみんなハワイ大好きですよね。でもヒネクレ者の私はみんなが行く所へは行きたくない!みんなと同じのが嫌でしょうがない!そんなやつなんです。

だからハワイにはずっと行ったことがなかったんです。よくお正月なんかに芸能人がこぞってハワイに行ったり、家族で夏休みはハワイなんていうのを見るとミーハーだな、、、なんて小ばかにしていました。でも心のどこかで一度は行ってみたい気持ちもありました。なんて言うか馬鹿にしちゃった以上は行きたいなんて言えない、、、みたいな感じでした。行ったことあって好きじゃないならまだしも、行ったこともないのに馬鹿にするのも変ですよね。
そんな私にハワイへ行くチャンスが訪れたんです!ハーフのいとこが婚約して、彼女は小さい頃自分の育ったハワイで結婚式を挙げるのが夢だったんです。だから私も招待されていくことになりました。表面上はしょうがないな~なんて言っていたけれど内心はやっとハワイにいける!って思ってました。いとこがみんなの分をまとめてホテルを取ってくれたので私たちゲストは航空券だけ買って行くことができました。

飛行機から見えるエメラルドグリーンの海でもう興奮しまくりでした。うーん、来てよかった。空港に着くともうトロピカルで少し湿度が高いような気はしましたが問題ないです。絵に描いたような南国でした。パイナップルを売るスタンドなどもあってみんなアロハシャツです。ゆったりとした時が流れているのがわかりました。

泊まったホテルはコンドミニアムタイプの所でワイキキまで数分で着きます。キッチンがあるのでスーパーで食材を買って料理もしました。もうこの時点で私はハワイが大好きになっていました。街は安全で夜でも人出が多く気軽に出歩けます。日本語もほとんどのところで通じるし、日本食がそこら中で食べられます。ハワイの食べ物のほとんどが日本食ベースなんじゃないかと思うくらい日本となじみの深い場所でした。街の人も南国の人独特のゆったりとした感じの人が多いです。最初はのんびりすぎてイライラしましたがここまで来て小さなことで怒るのもばかばかしくて気長に待つことにしました。あの天候がきっと人々の心をゆったりとさせているのでしょう。ワイキキは開発が進んでかなり都会ですがそれでも一歩外へ出れば田舎です。ハワイの人々を見ているとまるで昔の日本人がそうだった様に人情だったり近所付き合いだったり私たちが東京で失ってしまった物を持っている様に感じました。

ただ一つ不満があるとすればワイキキビーチは混みすぎでいてまるでイモ洗いの様でした。場所の取り合いもすさまじく、隣に全く知らない人が寝そべっている状態です。あんまり優雅なビーチでのんびり、、っという風にはいきません。かと言ってノースショアの方へ行くと地元の人がほとんどで観光客の数も減るのですが波が高くてとてもじゃないけど海水浴どころではなかったです。サーフィンをするにはもってこいの高波でサーファーが沢山いました。スパムむすびを買ってビーチに座りながらサーフィンをする人々をぼーっと眺めてすごしました。それはそれで楽しかったです。都会では絶対に体験できないようなリラックスできる一時でした。色んなことを頭に浮かぶがままに考えながら太平洋をボーっと眺めているうちに自分の悩みの小ささに笑えてきました。
それまでずっとミーハーだとか言ってハワイを馬鹿にしていた私ですがそれ以来ハワイファンの一人です。
vacation_sunset

子供の顎の受け口の矯正

娘が先月3歳になりました。
半年に一度、歯の定期検診に行っているんですが、半年前の検診の時に「この子は受け口のようなのでちょっと矯正した方がいいですね」と言われました。
2歳の時にもしかすると・・という程度で受け口のことを言われたんですが、今回はやっぱりか・・という感じでした。
治療をどうすればよいかを聞くと、少し大きめの矯正歯科の医院を紹介されました

後日その矯正歯科に行くと「ムーシールド」というマウスピースで受け口を矯正する方法を説明されました。
正直、矯正というと銀色の金属を口に入れることを覚悟していたので、ホッとしました。
女の子なので歯に銀色のものが入っていると恥ずかしいだろうなと・・。
しかもそのマウスピースは夜だけの着用で良いそうです。
寝る時にどういう反応になるかはわかりませんでしたが、少なくとも家の中だけ付けておけば良いというのは安心しました。

その場で治療をお願いすると、まず口の型を取ってマウスピースの型を作る作業をするようでした。
その日はその型だけ取って1週間後にマウスピースが完成して説明を聞きました。
娘に付けてみると、「キツくない?」という先生の問いかけにも全然問題ないようです。
夜寝る時に付けますが、それで多少口呼吸になってしまうのは仕方がないそうです。
これをまずは3ヶ月を目処に始めましょうと言われました。
家で付けてみると、娘もそれほど嫌がらず付けたまま眠ってくれるので安心しました。

そして先日、治療を始めてちょうど3ヶ月が経ちました。
いつもの経過観察で顎の状態を診てもらいました。
「うん。良くなったね。これならもう外して良いですよ」と言われました。
「よく頑張ったね~」と先生が娘を褒めていましたが、娘は「?」となんで褒められたのかはわかっていない様子笑。

一時はどうなることかと心配しましたが、このまま歯がうまく綺麗に生え変わってくれることを願うばかりです。

遮熱塗料は想像以上!

新築で購入した築12年の一戸建てに家族4人で住んでいます。
先日、家の外壁に大きなヒビが入っているのを見て、1回もやったことがなかったのですが、遂に外壁塗装を依頼する決意をしました。
最初は業者探しです。ネットで調べると、地元だけでも結構な件数があり、絞り込めませんでしたので見積もりを何社かとってその中から決めることにしました。
早速、何社か家に来てもらい見積もりしてもらったのですが、なんか決定打に欠けます。
この時点で5社から見積もりをとっていて、考えすぎなのかとも思いましたが、もう一社から見積もりを取ってその中から決定することにしました。
そして、最後の見積もり業者がきました。
そして、見積もりしをてもらったのですが、なんか今までと違う感じがします。
親身に話を聞いてくれてるし、なんか受け答え上手でなんでも相談してしまうのです。
その中で、夏が弱いからついエアコンを使いすぎる、という旨の話をしていたら業者さんがある塗料の説明をしてくれました。

その塗料の名前は、「遮熱塗料」と言い、外壁や屋根に塗ることでその部屋の室温を少し下げる効果があるということです。
理由は家の内部の冷たい空気を表に逃げにくくするから、冬でも当然家の中の熱は逃げにくいので室温があがる、夏でも冬でも使える塗料。
覚えている範囲ですがこんな風に説明されて、私はその塗料を魅力的に感じたので、とても安いとは言えない金額でしたが塗り替えをその業者さんにお願いしました。
翌週から早速工事に入ってくれて、途中雨があって進まない日もあったのですが、10日ほどで全体の作業はおわりました。最後には非常に丁寧にサッシ周りや土間や地面周りと家の前の道路まで掃除してくれました。
家のヒビは目立たなくなり、色まで変わって更に愛着がわいたのでほかにも色々とやりたいことがでてきました。
そして、遮熱塗料の効果は大で室温が3~5度くらい下がって冬場は1~3度くらい上がります。
やはり冬より夏向けに作られている塗料のようですがこれほど期待以上に効果を発揮してくれるなら次回もこの塗料でお願いしようと思います。

sun01

喉が渇く前に何か飲まないと色々危ない

普段からあまり水分を取らないで過ごしています。今は夏が近付いて暑い日が多くなり、そうもいかなくなりそうですが、冬場など寒い時期や汗をかかない日があると、朝起きてからうっかり晩ご飯まで何も飲まなかった時もあります。喉が渇かなくても水分を取らないといけないのは頭では理解していても、うっかり飲まなかった場合がすごく多いです。
ただ、やっぱり夏や暑い時期になると、喉が渇きます。夏は特に、喉が渇く前に水分を取らないと危険だと聞きます。しかし、それでも私は喉が乾かないと何かを飲もうという行動が起こせません。それが災いして、度々、倒れる寸前まで我慢するという危険を犯しています。
先日、自転車で40分掛けて目的地まで辿り着いた時に、喉が乾いたので飲み物を買おうとしたのですが、そこで財布を忘れたことに気付きました。
私は絶望しました。そこから数時間用事をしなければならず、その間は飲まず食わずです。いつもは平気で半日飲まなくても気にならないのに、いざ飲めないとなると焦ります。その時はなんとか水分を取らずに用事を済ませらました。しかし、帰りは暑さのピークでした。太陽が暑く、つらい。坂を登るので体力も要りました。
すると段々息が荒くなります。頭もズキズキと痛くなります。水分不足ですね。吐き気も襲ってきます。頭がくらくらして時々視界が暗くなります。
6時間くらい水分を取っていません。6時間飲まないで大丈夫なのかはよくわかりません。もしかしたら大丈夫じゃないのかもしれません。帰宅したら体力も尽きて体が暑くて力が入らなくなりました。眠気も襲ってきます。水分補給も止まりません。水分をちゃんと取っていたらこんなことにはならないだろう、と反省しました。ギリギリまで我慢をして、耐えられることを特技だと馬鹿な勘違いをしていました。私は運が良かったのか、まだ真夏じゃないから良かったのか、倒れはしませんでしたが、これからはもっと自分の体に気を遣いたいと思います。
sick_takansyou

一眼レフカメラと一人旅のすすめ

昨年のボーナスが出た際、ずっと憧れていたデジタル一眼レフカメラを購入しました。
「カメラ女子」何て言葉が流行している今、カメラを首から下げて歩いている女性も少なくありません。
旅行に行く度に、目の前に広がる絶景やシーンを、綺麗な写真にして残すことができたら、と常々感じていました。

様々なカメラの口コミ評価や選び方の記事を読み、使い込んでいくうちに、ミラーレス機では物足りなく感じるであろうことを知り、一眼レフカメラのエントリー機であるニコンのD5300を購入しました。
私が購入した時期は、同じシリーズのD5500がリリースされたばかりだったのですが、液晶にタッチパネルがついたこと以外は、さして性能が変わらないため、初心者である私はD5300で十分であると、お店の方に教えていただき、このモデルに決めました。

購入したばかりの時は部屋にある小物等を試し撮りをパシャパシャとして、背景をぼかしたり構図を考えたりしました。

まず、何を撮れば良いのかもわからなかった私は、紅葉、季節の花、一人旅のすすめなど、ネットに載っている記事を読みました。
SNSで、開催されているイベントを取り上げているアカウントをフォローしてみたりもしました。
見つけた記事で気になるものがあるときは、実際に行ってみて写真を撮る、ということを少しずつ始めました。

カメラを使い始めて分かったことは、撮影を目的に出掛けるのは一人で行くのに限る、ということです。
カメラの操作が慣れていないうちに、友達と出掛けた先にカメラを持ち出すと、構図を考えたり設定を変えたりすることで、相手を待たせてしまうのではないか、という思いから思うままに時間を掛けて写真を撮ることができません。
同じく、写真を撮りたいと思っている友達と一緒でない限り、写真を撮ることを目的に行くのは難しいものだと感じました。
そこで初めての一人旅に行くことを決めました。

行き先は秋の京都にしました。
理由は、日本の中でも紅葉の名所である京都で、色鮮やかな写真を多く取りたいと思ったからです。
私と同じように一人旅に来る観光客も多くいます。
せっかくカメラを持っていくのだから、大自然の壮大さを感じられるところに行ってみようかと思ったのですが、初めての一人旅に女一人で行く、という心細さから、人の行き来が少ないところよりも多くの人で賑わっている観光地を選びました。

いざ、行ってみた一人旅はとても楽しかったです。
どこの場面を切り取っても絵になる京都という都は撮影旅にぴったりでした。
古都と紅葉のコラボレーションは古き良き日本を表していて、多くの外国人が京都を訪れる理由が、日本人ながらに分かった気がします。

同じ構図で、カメラの設定を変えて何枚撮っても、待たせる相手もいないため咎められるこかくともありません。
自分が納得するまで同じところにいられ、自由気ままな旅となりました。
最近、私はツイッターやインスタグラム等のSNSに撮った写真を載せるようになりました。
同じように写真を撮る方々が使っているタグを自分の写真につけることで、タグをもとに私の写真を見てくれる人もいます。
見ず知らずの方から頂く「いいね」は自信につながります。
もっと多くの人に写真を見てもらいたい、という気持ちが大きくなります。
また、タグをもとに、他の人が投稿した写真を見ることも増えました。
自分では撮ろうという発想に至らなかった、身の回りの風景や日常生活が美しくおさめられている写真に出会うことがてきました。
これからも、多くの写真を見て、いろいろなものを撮ることに挑戦しようと思います。
趣味として一眼レフと一人旅、とてもおすすめです。
ichigan_camera_woman

ビル清掃の仕事を選ぶことでプラスになることは?

日本の都市にはオフィスビルが膨大にあるために、ビル清掃のアルバイトは必要不可欠な仕事です。それだけに求人の数も多くなっていますが、ビルの清掃をやってみてプラスになると感じられることがいくつもあります。

1つには毎日違った作業現場に向かうことができることを挙げられます。
これはなぜかというと、仕事場がいつも違っていることで、飽きが来ないということもあります。
新築のオフィスビルに入ったり、逆にとんでもなく古いビルの清掃をするということもあります。
未知の空間に出て行く事はしばしばあり、その度に新鮮な気持ちで仕事ができます。
そしてビルからの景色を見る機会もあるでしょう。
それぞれの建物の周囲は全て違った景色なわけですから、眺めの良い場所を清掃することは、けっして退屈することではありません。

自分が建物を綺麗にしたんだという達成感は得られることです。
自分が掃除したことで、オフィスを利用している人が快適に使って行くことができたなら、嬉しいことではないですか。

清掃現場まで直行直帰が可能になっているビル清掃会社もありますが、一つの地域で長い間清掃業務をしていると、いつのまにか街の地理を覚えているものです。
この街には何があるか、近道はどっちかなど、自分が生活するエリアの情報を直に掴み取れることも、プラスに考えていくことができます。
都市部では清掃現場が膨大にあるために、清掃業は仕事が安定することもあるでしょう。
ビル清掃の仕事にはやっていて良いことがいくつもあると気づきます。

プロオーケストラの合唱オケ合わせに参加しました!

私は去年からある合唱団に参加しています。いよいよ来週本番なのでオケ合わせがありました。
毎回、オケは都内のプロオケの方に依頼して来ていただいているそうです。ちょっと仕事があったので、途中から参加しました。

合唱は後ろで歌いますので、実際に演奏している姿は見えないのですがそれでも弦楽器の弓使い、管楽器の音色など思わず指揮者を見るのを忘れて聞き惚れてしまうくらい素晴らしかったです。
実は私はチェロをもう10年くらい習ってるのでついチェロパートの方の方に目が行ってしまいました。
しかしプロの弓使い、指使いはすごいですね。いつもレッスンで先生からもっと弓を大きく使ってと指導されてしまうのですが、プロの方はきっちり端から端まで弓を使って弾いていました。演奏する姿勢もぶれずにしっかりしてきれいでした、後ろから見ていて大変参考になりました。横にチェロケースが置いてあったのですが、もうだいぶ使い古された年代モノで他の海外の演奏家のサインがいくつか入っており、いかにもプロらしくてかっこいいと思いました。私のチェロケースにもサインほしくなってしまいました。

管楽器の演奏もとても素晴らしかったです。今回の曲は管楽器は木管しかいない曲ですが、何気ない簡単なフレーズでもプロの出す音色は聴かせますね。
アマチュアの演奏とは全然違う凄みを感じました。
またバロックの曲なので、普段はなかなか聞くことがないチェンバロをまじかで見ることができました。
チェンバロ自体は割と最近つくられたような品でしたが、ピアノと違ったかわいらしい音色で癒されますね。

いつも合唱の練習はピアノ伴奏だけなのですが、生演奏に合わせて歌うと声が伸びなんだか上手になったような気がしますね。オーケストラをバックに合唱を歌うなんて贅沢な機会です。あと本番まで少しですが、まだ先生からは色々とご指摘を頂いてますが。気が緩むとどうしても音程が下がってしまうようです。怖いですね。よい演奏会になるように最後まで練習頑張りたいです。
232817s

難しい相続税について

相続税なんてテレビで観ている他人事な出来事だと思って過ごしてきた私でしたが、ある日、突然、当事者になってしまいました。
父が病気で亡くなり自営業経営をして土地を所有している父には財産がありました。それほど多くはないのですが中途半端にあるので大変でした。
私は一人っ子で父の財産は母と二人で分配しました。
母も、病気で施設に入所していたので保険の手続きが面倒でした。母は、脳梗塞により全身があまり動かすことができず、署名や本人の意志確認など保険屋さん立会いのもと母の体調を考慮しながら行いました。
相続税はかかりませんでした。

それから、二年後、また、母が病気からなくなってしまいました。母は、特定疾患申請や介護申請もしていましたので、あちこち書類が大変でした。
なんて、私はついていないのだろうと思いました。わずか、2年の間に続けて両親を亡くしてしまったからです。悲しみに暮れている暇もなく相続税の申告の時期が来ました。
母は、貯蓄もほとんどなく、年金のみの状態でしたが、2年前父から相続された財産がありまた私には相続税の悩みが増えました。
父が営んでいた会社の土地を現在、父の兄弟が受け継ぎ経営しており私は、安い地代をもらっていましたが思い切って売買を申し出ました。私は嫁いでいますし、子供たちも企業に就職してしまっていて、父の会社を継ぐという状態ではないからです。
身内との関係はぎくしゃくし悪化してしまいましたが、評価価格で売買が成立しました。
父が当時、土地を購入した売買契約書を用意し確定申告に臨みました。
すると、購入した金額が高く売った金額を上回り差し引きをして相続税の対象とならなくなりました。そんなことがあるなんて全く知りませんでした。
相続は、とても細かい物も対象となると、この2年で知ることができました。
金・アクセサリー・時計・車・建物・土地・株券や会員権だそうです。
両親には幸いにおいて、土地・建物くらいしかなく、唯一、父には車がありましたが、金・アクセサリー・会員権なども高価な物がなかったからです。
税金とは、本当に難しく複雑です。
今回は、会計事務所の方にお願いしなくては手も足もでませんでした。売買契約書を探し提出したことも会計事務所の方から教えていただきました。
土地の売買契約書がなかったら、相続税の対象となっていたかも知れません。
税金の種類も細かくとにかく相続税なんて親のいる間は他人事なのですから一生に何度もあることではありません。
詳しく勉強し、いざ、自分のことになったときに的確に対処できると良いと思いました。

歯医者の記憶

歯医者が好きという人は世の中にどのくらいいるのでしょうか。

私は歯医者が苦手です。
病院ともちょっと違う、独特の消毒液の香り、カーテンの向こうから聞こえてくるウィーンという器具の音…思い出しただけで待合室での緊張感がよみがえってくるようです。

私は歯磨きが下手なのか、虫歯のできやすい子供でした。ちゃんと歯磨きはしていたのですが、甘いものが好きだったのでよけいに虫歯になりやすかったのかもしれません。
子供の頃は、歯医者に向かう途中、歯科の看板が見えてくるとお腹がシクシクと痛み始めたものです。
今ではもういい大人ですので、お腹が痛くなることもなくなりましたが、歯科の看板が見えてくると気持ちが重くなるのは変わりません。

電動歯ブラシやマウスウォッシュを使っていても私の歯は虫歯ができやすいです。
そのため定期的に歯医者に通っていますが、どんなに丁寧に磨いても「磨き残しがありますね」と言われてしまいます。
その上、歯石や着色汚れも付きやすい歯ですから、いまだに歯もきちんと磨けないのか…と落ち込むことしきりです。

最近忙しくて歯医者に行けていなかったせいか、またちょっと歯茎が腫れてきてしまいました。
近々行く予定ですが、やはり遠くからあの歯科の看板が見えてくると少し気持ちが重くなってしまうのでしょ。
ha

隣の歯を削る必要は無い入れ歯

歯科医院での治療では、歯を削るケースがしばしばあります。それで隣接している歯を削らなければならない事もあるのです。そもそも歯は、複数本ありますね。1本だけではないのです。Aという歯の隣には、BやCなど複数の歯があります。それでAに対する治療が、BやCに影響する事もあるのです。

例えばAに対して、やや大きめな歯を被せるとします。いわゆる差し歯などで、キャップ状の歯を被せるケースも珍しくありません。ところがその治療時には、隣接しているBやCなどへの削り作業が必要な事があるのです。かみ合わせの問題があるので、どうしても隣を削らないと、歯に深刻なダメージが発生する事があります。
ところが入れ歯には、その削る事に関するメリットがあるのです。そのタイプの歯の場合は、基本的には隣り合っているBやCなどに対して影響が及ぶ事はありません。

というのもそのタイプの歯の場合は、いわゆるフックなど用いて隣に引っかけるだけです。わざわざ隣りの歯を削る必要もないのがメリットですね。
また入れ歯の場合は、費用もリーズナブルになっています。ネジ状の歯などに比べればかなり料金は低めなのですが、それもメリットの1つと言えるでしょう。ただしその料金は、もちろん保険にも左右されます。