ハイブリッドのスポーツは受けない?

今回車について考えてみました。ハイブリッドスポーツの代表といえるのがホンダのCR-Zですが、近年・販売台数が伸びず(月産100台程度)生産打ち切りが決まったようです。

たまに街中で見かけるCR-Zをみては、ウキウキしていたのですが私的には非常に残念でなりません。ハイブリッドスポーツでしかも、MTの設定のあるのはCR-Zだけなんです。ただでさえCVT全盛の昨今、MT派の私としては肩身が狭い?思いをしておるのでございます。

MTの利点と言えば
まず第一にMTは発進時や加速時・減速時に必ずクラッチを切り、ギアを入れクラッチを繋ぐ必要があります。そしてアクセルをなめらかに踏むと、これでようやく加速出来ます。
でも、この操作を行っている間は車は加速しないので、回りのAT・CVTやらには置いていかれてしまうのであります。他の車から見れば「何やってんのコノ人?」と思われているに違いありません。

次にMTには車を操作している感があり、楽しい。ことに私の車は古いが為、電子制御なるものが無いのであります。ブレーキ・ハンドリングは全て自分の感性で行います、走る・曲がる・止まる の基本が出来ていないと車はうまく走ってくれないのです。そこを自分でポンピングブレーキを掛けたり、シフトダウンしながらエンジン回転を調整するのが感覚的にも楽しいのです。

最後にMTはアクセルとブレーキを踏み間違えるキケンが無い。たまーにコンビニ等に車が突っ込んだなんて記事が出ていますが、これはアクセルとブレーキの踏み間違いによるものです。以前にMTに乗っていた方が、AT・CVTに乗っているのをつい・忘れてアクセルとブレーキを間違えてアクセルを踏み込んでしまうのです。すると、キックダウンという現象が起こり車が加速状態になります。人間パニックになると間違ったアクセルを踏み続けます。これが原因になるのです。

MTは緊急時にクラッチを切れば動力はカットされますので大事には至りません、そこが一番大事?

話は大幅にそれてしまいましたが、ハイブリッドはあくまでも燃費重視なのでスポーツ性はそれほど強調していなくても売れる事。また、モーターと電池を積んでいるので重いので、スポーツには向かないと考えられることが挙げられる。現時点ではガソリン車の方がスポーツ性を引き出すのが容易な為、ハイブリッドのスポーツは難しいのでしょう。でも、海外のメーカーはプラス・ダウンサイジングターボでハイブリッドのスポーツ性を高めています。日本車もそんな車を作って欲しい、是非MTで。
car_sports

オークションで落札する事も可能なガラスコーティング材

マイカーの保有者の方々は、たまにガラスコーティングに興味を持っています。そのメリットは、やはり車の見栄えですね。
そもそも車オーナーの方々は、見栄えを気にしているケースは非常に多いです。客観的な見栄えが良くなるようにしたいと思っている訳ですが、前述のコーティングを施しますと、かなり見栄えが良くなる場合があります。

例えば、ピカピカ感が挙げられます。その施行により、車の光沢感が際立って見える事も非常に多いのですね。
ところで業者にその施工をお願いするとなると、もちろん費用がかかります。少なくとも無料ではありませんね。
もしもその費用が気になるのであれば、思い切ってオークションを利用する方法もあります。実はそのWEB媒体の競売システムを用いると、コーティング剤を購入する事は可能なのですね。

現に、現時点でも幾つかのコーティングの材料が販売されています。すでにいくつかの製品に対して、入札が入っている状況なのですね。ですので、やはり需要はあるのでしょう。

ただし自分でコーティングをする場合は、場所などはよく考えた方が良いですね。あまりホコリが多い場所ですと、ガラスコーティングの効果が薄れてしまう事があるのです。せっかく頑張って塗っても無意味になってしまう場合があるので、できれば室内のガレージにてそれを利用すると良いでしょう。
つまり車に対して塗るのは、ちょっとテクニックやコツなどが必要なのですね。プロの技術が必要なのであれば、やはり業者に任せる方が良いと思います。

私の愛車も大阪のガラスコーティング専門店で施工してもらいました。
仕上がりには大変満足しています。

トヨタ MR-Sについて

MR-Sは、トヨタがかつて販売していた自動車です。2シーターのオープンカーで、MR2というスポーツカーの後継の自動車として発売されました。
MR2よりもスポーツカーらしさは弱まり、どちらかと言うと走りを楽しむという感じが強いと思います。

それでも、軽量ボディのため、スポーツ走行はある程度可能です。
最近は、オープンスポーツというと、マツダのロードスターか、軽自動車のコペン、S660ぐらいしかなくなってしまいました。
かつてはホンダのS2000など、いろいろなメーカーからオープンカーが発売されていたと思います。
やはり、現代はミニバンなどの実用車が売れる世の中になっているのかもしれません。
お金の余裕もないので、趣味で車を買う人というのも少なくなっていると思います。

MR-Sはそういった自動車を楽しむという時代の最後の車なのかもしれません。
とはいえ、現在発売されているダイハツのコペンも、なかなかいい車だとお思います。
軽自動車なので、パワー不足を感じることもありますが、維持費も安く済むため、お金のない人にも嬉しい車なのではないかと思います。
とくに、マニュアル車の設定があるのがいいと思います。
やはりスポーツカーはマニュアルシフトで操作するのが醍醐味なのではないかと思います。
また、ホンダのS660も本格的な軽自動車スポーツとして、乗ってみたい車の一つです。
これから車を買うときには、こういったオープンカーも選択肢に入れてみたいと思います。
car_sports

事故車の廃車や自動車処分について

一般的に不要になった車は、新しい車を購入する場合、下取り車として売却したり、中古車販売店などに持ち込み買い取ってもらう人が多いかと思います。
その場合、基本的には、今でも十分に乗る事ができる車と言う事が前提の場合が多く、大きく破損したような事故車の買取の場合、買取価格が付かない場合もあります。
そうなれば、買取価格は0円です。

そんな場合は自動車処分して廃車にするのが一般的です。

そんな、事故車の買取の場合は、事故車専門の買取業者に買取を依頼する事をお勧めします。
事故車専門に買取を行っている業者の場合、一般的な中古車販売店などに比べ、高価格な買取価格が付く場合もあるのです。

その理由は、まず、多くは海外への輸出を考慮した事故車の買取になっていると言うところにあります。
日本車は、海外では非常に人気のある車になっています。
その為、日本国内では買取を行うような事ができな事故車でも十分価値がある車になる事もあるのです。

その他、車そのものの価値ではなく、パーツや部品の価値によって買取を行う場合もあります。
事故車でも使えるパーツや部品は多くなっています。
その為、事故車を解体し、必要なもののみ取り出し、再利用する事で、十分、需要のある事故車も多くなっているのです。
このような事を行っている専門業者に事故車を買い取ってもらう事で、一般的に買取が難しいような事故車でも十分、買取価格を付け買い取ってもらう事が可能になっています。