審美歯科でホワイトニングをしたこと

審美歯科というがあるということを知ったのは最近です。
友人が近くの三宮の審美歯科でホワイトニングをしてとても歯が白くなったと喜んでいました。
私は普通の歯科には定期的に行って虫歯をチェックしてもらったり、歯を綺麗にしてもらったりしていますが、審美歯科には行ったことがありませんでした。
友人がとてもよかったと勧めてくれるので、私も友人に紹介してもらって審美歯科に行ってみることにしました。審美歯科ではホワイトニングのほかにセラミッククラウン、ガムブリーチといったメニューもあることを知りました。
最初から全てやるのは大変なので、まずはホワイトニングからしてみようと思いました。私は歯を磨いてもすぐに黄色っぽくなってしまい、そのことが気になっていたのでちょうどいいと思いました。

ホワイトニングは自宅でもできるらしいと知ったのですが、素人がやるのではうまくできるかわかりません。やはり専門の先生にやってもらうのが一番です。
しかも審美歯科でホワイトニングしてもらうほうが自宅よりも効果がすぐに出るらしいのです。
審美歯科は初めてなので緊張しましたが、先生が丁寧にいろいろと説明してくれました。ホワイトニングのために歯に薬液を塗ってくれました。それからライトを5分おきくらいに何度も照射してもらい、これで完了だと言われました。

確かにホワイトニングしてもらったら歯の色が全然違っていました。前は黄ばんだ歯がとても綺麗な白い歯に変身しました。
医学の力は本当にすごいなと実感した出来事です。紹介してくれた友人に感謝しなければと思いました。
審美歯科では他にもいろいろなメニューがあるので、また機会を見付けてほかのセラミッククラウン、ガムブリーチなどのほかのメニューも受けてみようかなと思っています。

歯が白いと気分までなんだか気持ちよくなってきます。
なるべく歯を白く維持できるように歯磨きを欠かさずに行い、綺麗な歯を維持していきたいなと思っています。

意外と知らない歯周病の怖さ

20161207a
歯医者で働いていて思うこと
、皆さん意外と自分のお口のなかに関心がないこと。
100%に近い人が毎日歯磨きをしていると思います。
しかし、歯磨きをしていると、できているとはまた別問題。
すごく綺麗な女性でもお口のなかを見ると。。。
幻滅することがおおいです。
先進国の中でも日本は「歯」に対する意識レベルはとても低いそうです。
その中でも歯を失うNo. 1の原因は歯周病。
皆さん歯がダメになると言えば虫歯のイメージが多いと思いますが、意外とそうではないんです。

歯周病がNo. 1です。
しかも歯周病は中年、高齢者の病気と思っていることが多いんですが、 年齢は関係なく成人の8割の方が感染しています。
でわ、その歯周病がどんな病気なのかを説明すると、歯周病菌とゆう細菌がお口の中に感染することによって引き起こされる感染症です。
この感染症が成人の8割の方が感染しているのだから怖いですよね。

しかし進行具合は皆さんそれぞれです。
歯周病の症状は歯を支えている顎の骨をじわじわ溶かして行ってしまいます。
また一度溶けてしまった骨は二度と元には戻りません。
初めは自覚症状がほとんどでないので、皆さん末期になるまでなかなか診察にいらっしゃいません。
末期になって歯がグラグラ、痛い、噛めない、そうなって来院されてもほとんどの方が抜く治療になります。
歯が一本無くなると、1本位平気と思われている方が多いですが、しっかり噛めない、消化機能に負担。
欠損箇所が多くなるとうまく噛めず脳の血流が悪くなるので、若いうちから痴呆症。歯列のズレ。
思いがけないところに弊害が出てきます。

また最近よくテレビで取り上げられている、歯周病と全身の関係。
歯周病は感染すると、歯茎が腫れます。
歯ブラシをすると腫れている歯茎から出血します。
出血するのはそこの血管が切れているんですが、そこから歯周病菌はドンドン血管内に侵入して全身を血液と共に循環しだします。
そうすると今度は歯周病菌が原因で血管の内壁にカスがたまり、コブ状になっていきいずれ詰まる可能性がでてきます。
脳で詰まったら脳梗塞、心臓で詰まったら心筋梗塞

女性の方は低体重児出産に繋がったり、糖尿病のかたはうまく治療が進まなかったり。。。
意外と歯周病って身近なほとんどの方が感染している病気ですがその実態を知っている方はどのくらいいるのでしょうか?
歯周病の対策としては、1番は歯ブラシ徹底、歯科で専門的なお掃除、歯周病菌を殺菌することが大切になってきます。
皆さん他人事だとは思わずしっかり自分のお口の中に関心を持ちケアしていきましょう。

子供の顎の受け口の矯正

娘が先月3歳になりました。
半年に一度、歯の定期検診に行っているんですが、半年前の検診の時に「この子は受け口のようなのでちょっと矯正した方がいいですね」と言われました。
2歳の時にもしかすると・・という程度で受け口のことを言われたんですが、今回はやっぱりか・・という感じでした。
治療をどうすればよいかを聞くと、少し大きめの矯正歯科の医院を紹介されました

後日その矯正歯科に行くと「ムーシールド」というマウスピースで受け口を矯正する方法を説明されました。
正直、矯正というと銀色の金属を口に入れることを覚悟していたので、ホッとしました。
女の子なので歯に銀色のものが入っていると恥ずかしいだろうなと・・。
しかもそのマウスピースは夜だけの着用で良いそうです。
寝る時にどういう反応になるかはわかりませんでしたが、少なくとも家の中だけ付けておけば良いというのは安心しました。

その場で治療をお願いすると、まず口の型を取ってマウスピースの型を作る作業をするようでした。
その日はその型だけ取って1週間後にマウスピースが完成して説明を聞きました。
娘に付けてみると、「キツくない?」という先生の問いかけにも全然問題ないようです。
夜寝る時に付けますが、それで多少口呼吸になってしまうのは仕方がないそうです。
これをまずは3ヶ月を目処に始めましょうと言われました。
家で付けてみると、娘もそれほど嫌がらず付けたまま眠ってくれるので安心しました。

そして先日、治療を始めてちょうど3ヶ月が経ちました。
いつもの経過観察で顎の状態を診てもらいました。
「うん。良くなったね。これならもう外して良いですよ」と言われました。
「よく頑張ったね~」と先生が娘を褒めていましたが、娘は「?」となんで褒められたのかはわかっていない様子笑。

一時はどうなることかと心配しましたが、このまま歯がうまく綺麗に生え変わってくれることを願うばかりです。

喉が渇く前に何か飲まないと色々危ない

普段からあまり水分を取らないで過ごしています。今は夏が近付いて暑い日が多くなり、そうもいかなくなりそうですが、冬場など寒い時期や汗をかかない日があると、朝起きてからうっかり晩ご飯まで何も飲まなかった時もあります。喉が渇かなくても水分を取らないといけないのは頭では理解していても、うっかり飲まなかった場合がすごく多いです。
ただ、やっぱり夏や暑い時期になると、喉が渇きます。夏は特に、喉が渇く前に水分を取らないと危険だと聞きます。しかし、それでも私は喉が乾かないと何かを飲もうという行動が起こせません。それが災いして、度々、倒れる寸前まで我慢するという危険を犯しています。
先日、自転車で40分掛けて目的地まで辿り着いた時に、喉が乾いたので飲み物を買おうとしたのですが、そこで財布を忘れたことに気付きました。
私は絶望しました。そこから数時間用事をしなければならず、その間は飲まず食わずです。いつもは平気で半日飲まなくても気にならないのに、いざ飲めないとなると焦ります。その時はなんとか水分を取らずに用事を済ませらました。しかし、帰りは暑さのピークでした。太陽が暑く、つらい。坂を登るので体力も要りました。
すると段々息が荒くなります。頭もズキズキと痛くなります。水分不足ですね。吐き気も襲ってきます。頭がくらくらして時々視界が暗くなります。
6時間くらい水分を取っていません。6時間飲まないで大丈夫なのかはよくわかりません。もしかしたら大丈夫じゃないのかもしれません。帰宅したら体力も尽きて体が暑くて力が入らなくなりました。眠気も襲ってきます。水分補給も止まりません。水分をちゃんと取っていたらこんなことにはならないだろう、と反省しました。ギリギリまで我慢をして、耐えられることを特技だと馬鹿な勘違いをしていました。私は運が良かったのか、まだ真夏じゃないから良かったのか、倒れはしませんでしたが、これからはもっと自分の体に気を遣いたいと思います。
sick_takansyou

歯医者の記憶

歯医者が好きという人は世の中にどのくらいいるのでしょうか。

私は歯医者が苦手です。
病院ともちょっと違う、独特の消毒液の香り、カーテンの向こうから聞こえてくるウィーンという器具の音…思い出しただけで待合室での緊張感がよみがえってくるようです。

私は歯磨きが下手なのか、虫歯のできやすい子供でした。ちゃんと歯磨きはしていたのですが、甘いものが好きだったのでよけいに虫歯になりやすかったのかもしれません。
子供の頃は、歯医者に向かう途中、歯科の看板が見えてくるとお腹がシクシクと痛み始めたものです。
今ではもういい大人ですので、お腹が痛くなることもなくなりましたが、歯科の看板が見えてくると気持ちが重くなるのは変わりません。

電動歯ブラシやマウスウォッシュを使っていても私の歯は虫歯ができやすいです。
そのため定期的に歯医者に通っていますが、どんなに丁寧に磨いても「磨き残しがありますね」と言われてしまいます。
その上、歯石や着色汚れも付きやすい歯ですから、いまだに歯もきちんと磨けないのか…と落ち込むことしきりです。

最近忙しくて歯医者に行けていなかったせいか、またちょっと歯茎が腫れてきてしまいました。
近々行く予定ですが、やはり遠くからあの歯科の看板が見えてくると少し気持ちが重くなってしまうのでしょ。
ha

隣の歯を削る必要は無い入れ歯

歯科医院での治療では、歯を削るケースがしばしばあります。それで隣接している歯を削らなければならない事もあるのです。そもそも歯は、複数本ありますね。1本だけではないのです。Aという歯の隣には、BやCなど複数の歯があります。それでAに対する治療が、BやCに影響する事もあるのです。

例えばAに対して、やや大きめな歯を被せるとします。いわゆる差し歯などで、キャップ状の歯を被せるケースも珍しくありません。ところがその治療時には、隣接しているBやCなどへの削り作業が必要な事があるのです。かみ合わせの問題があるので、どうしても隣を削らないと、歯に深刻なダメージが発生する事があります。
ところが入れ歯には、その削る事に関するメリットがあるのです。そのタイプの歯の場合は、基本的には隣り合っているBやCなどに対して影響が及ぶ事はありません。

というのもそのタイプの歯の場合は、いわゆるフックなど用いて隣に引っかけるだけです。わざわざ隣りの歯を削る必要もないのがメリットですね。
また入れ歯の場合は、費用もリーズナブルになっています。ネジ状の歯などに比べればかなり料金は低めなのですが、それもメリットの1つと言えるでしょう。ただしその料金は、もちろん保険にも左右されます。

小顔整体をしてコンプレックスを解消したい

近頃、水分の取り過ぎか怠けすぎなのかわかりませんが、顔がとにかくむくんできました。

fashion_model

昔の写真とは比べ物にならないぐらいの顔の大きさで、同じ人間とは思えないぐらい驚きです。

人間、色んな方向に変われる可能性は秘めていると思うのですが、どうやら悪い方向へと作用したようです。

このままではメイクをしてもおしゃれをしても意味がないような気がして、ますます内にこもりがちの性格へとなってしまったのです。

小さなコンプレックスが大きな悩みの種になり、いてもたってもいられなくて小顔整体を考えています。

小顔整体をすれば今よりはきっとよくなるだるだろうという期待と不安が入り混じった気持ちですが、何もしないでいるよりはよっぽど心境的にも楽です。

よさそうなサロンを見つけてきて予約してみたんですが、直前になって予定日を間違えていたことが判明。

どうやら昨日だったようで確認の電話がサロンからかかってきていました。

これはやばいと謝罪の電話を入れ、明日にまた小顔整体を受けてくるようにします。

私にとってはこれをキッカケとして小顔になり、できることなら婚活も精力的に活動していきたいです。

運命の人を見つけられたらと思うと、今から楽しみで仕方ありません。

左下の奥歯を歯科で診てもらいたい(-_-;)

私だけに限ったことではないと思うのですが、
歯の悩みというのは尽きることがありませんね。(>_<)

食事は1日3回ありますから、歯の悩みがあると
とても困ってしまいます。そして、それを治すため
には、歯科に通うしかないのです。

今私が悩んでいるのは、左下の奥歯の痛みです。
その痛みは1年くらい前から少し感じていたことで、
それが今でははっきりと感じるようになってしまって
います。

最初のうちは「ちょっと痛いかな?」くらいに感じて
いたのですが「もしかしたらその内治るかもしれない」と
タカをくくり、そのまま放っておきました。
今考えると、それが良くなかったのかもしれませんね。(+_+)
それから、何か固い食べ物を食べたとき、必ず
痛むようになってしまいました。それは激痛という
ほどではないのですが、鈍痛というかちょっと嫌な感じ
方をします。

それだけに、単純な虫歯とは違うような気もしますし、
いわゆる神経がいたんでいる状態(;-_-)なのでは
ないかと勝手に推測しています。

とにかく、困っていることだけは確かですね。
ただ、だからと言ってすぐに「じゃあ歯科へ行って
みるか
」と乗り気になれない弱気な自分がいるん
ですよ。そこで治さなければどこで治すの?と
いうことは十分わかっているのですが、それでも
治療にかける時間と手間がかなり億劫に感じてしま
いますし、治療に対して前向きな気持ちになかなか
なれないんですよね。

いい大人になってまるで子どものような言い分に自分でも
ビックリしてしまいますが、とにかくそういう感情が心の中に
あります。(-_-;)
323k
ですが、このまま放っておいたらもっと悪化するのは
さすがに目に見えています。それが自分にとって良く
ない状況であるということは把握していますので、覚悟を
決めなければいけませんね。

歯科へ行ってしっかりと治療をしてもらえば食事のとき嫌な
気持ちになることもないでしょうし、もっとポジティブに考え
ようと今では思っています。ですので、頑張って治療を受けて
みたいと思います。今、近くの堺市で歯科を探しています。

歯のホワイトニングが仕事に良い影響を与える

316j
歯にホワイトニングを施すことは、見た目を良くするためにとても大事です。
それはどうしてかというと、歯は白ければ白いほど印象が良くなるからです。
人は毎日食事をしているため、たとえ歯みがきをこまめにしていたとしても歯はしだいに汚れていきます。
黄ばんでいったり、歯垢がついてしまったりなどです。それらは、歯医者できちんと掃除することで取り除けますが、それ以外にもホワイトニングによって上手く隠すことができます。
また、たとえそうではなかったとしても、歯を白く見せることはいろいろと意味があります。( ̄ー+ ̄)ニカッ!

私の友人は兵庫県の姫路に住んでいるのですが、姫路の歯科でホワイトニングをしてもらったという話を聞きました。
友人は会社で営業の仕事をしており、自身の印象を良くすることが大切だと重々わかっていたのです。
そこで、姫路で有名な歯医者へと通い、そこでホワイトニングをしてもらったのです。それをしてからというもの友人の営業成績は伸びていき、とても満足しているという話を聞きました。
それは、やはり友人の顔を見た人たちが、友人について良い印象を持ったからではないかと思います。(^O^)

ですから、友人が姫路でホワイトニングをしたということは、とても大きな効果があったのです。
それはちょっとできすぎた話かもしれませんが、これからは仕事をする上でもホワイトニングが重要なのだと思い知りました。
ですので、私も仕事で必要だと感じたならば、ホワイトニングをしてみたいです。(^^♪