ハワイなんて、、と言ってた私が今ではハワイLOVE

沢山の日本人の方にとって初めての海外旅行と言えばハワイだったりすると思うんですよね。なにせ日本から近くて日本人観光客も多いから英語なんて話せなくても問題ない。だから日本人はみんなハワイ大好きですよね。でもヒネクレ者の私はみんなが行く所へは行きたくない!みんなと同じのが嫌でしょうがない!そんなやつなんです。

だからハワイにはずっと行ったことがなかったんです。よくお正月なんかに芸能人がこぞってハワイに行ったり、家族で夏休みはハワイなんていうのを見るとミーハーだな、、、なんて小ばかにしていました。でも心のどこかで一度は行ってみたい気持ちもありました。なんて言うか馬鹿にしちゃった以上は行きたいなんて言えない、、、みたいな感じでした。行ったことあって好きじゃないならまだしも、行ったこともないのに馬鹿にするのも変ですよね。
そんな私にハワイへ行くチャンスが訪れたんです!ハーフのいとこが婚約して、彼女は小さい頃自分の育ったハワイで結婚式を挙げるのが夢だったんです。だから私も招待されていくことになりました。表面上はしょうがないな~なんて言っていたけれど内心はやっとハワイにいける!って思ってました。いとこがみんなの分をまとめてホテルを取ってくれたので私たちゲストは航空券だけ買って行くことができました。

飛行機から見えるエメラルドグリーンの海でもう興奮しまくりでした。うーん、来てよかった。空港に着くともうトロピカルで少し湿度が高いような気はしましたが問題ないです。絵に描いたような南国でした。パイナップルを売るスタンドなどもあってみんなアロハシャツです。ゆったりとした時が流れているのがわかりました。

泊まったホテルはコンドミニアムタイプの所でワイキキまで数分で着きます。キッチンがあるのでスーパーで食材を買って料理もしました。もうこの時点で私はハワイが大好きになっていました。街は安全で夜でも人出が多く気軽に出歩けます。日本語もほとんどのところで通じるし、日本食がそこら中で食べられます。ハワイの食べ物のほとんどが日本食ベースなんじゃないかと思うくらい日本となじみの深い場所でした。街の人も南国の人独特のゆったりとした感じの人が多いです。最初はのんびりすぎてイライラしましたがここまで来て小さなことで怒るのもばかばかしくて気長に待つことにしました。あの天候がきっと人々の心をゆったりとさせているのでしょう。ワイキキは開発が進んでかなり都会ですがそれでも一歩外へ出れば田舎です。ハワイの人々を見ているとまるで昔の日本人がそうだった様に人情だったり近所付き合いだったり私たちが東京で失ってしまった物を持っている様に感じました。

ただ一つ不満があるとすればワイキキビーチは混みすぎでいてまるでイモ洗いの様でした。場所の取り合いもすさまじく、隣に全く知らない人が寝そべっている状態です。あんまり優雅なビーチでのんびり、、っという風にはいきません。かと言ってノースショアの方へ行くと地元の人がほとんどで観光客の数も減るのですが波が高くてとてもじゃないけど海水浴どころではなかったです。サーフィンをするにはもってこいの高波でサーファーが沢山いました。スパムむすびを買ってビーチに座りながらサーフィンをする人々をぼーっと眺めてすごしました。それはそれで楽しかったです。都会では絶対に体験できないようなリラックスできる一時でした。色んなことを頭に浮かぶがままに考えながら太平洋をボーっと眺めているうちに自分の悩みの小ささに笑えてきました。
それまでずっとミーハーだとか言ってハワイを馬鹿にしていた私ですがそれ以来ハワイファンの一人です。
vacation_sunset

一眼レフカメラと一人旅のすすめ

昨年のボーナスが出た際、ずっと憧れていたデジタル一眼レフカメラを購入しました。
「カメラ女子」何て言葉が流行している今、カメラを首から下げて歩いている女性も少なくありません。
旅行に行く度に、目の前に広がる絶景やシーンを、綺麗な写真にして残すことができたら、と常々感じていました。

様々なカメラの口コミ評価や選び方の記事を読み、使い込んでいくうちに、ミラーレス機では物足りなく感じるであろうことを知り、一眼レフカメラのエントリー機であるニコンのD5300を購入しました。
私が購入した時期は、同じシリーズのD5500がリリースされたばかりだったのですが、液晶にタッチパネルがついたこと以外は、さして性能が変わらないため、初心者である私はD5300で十分であると、お店の方に教えていただき、このモデルに決めました。

購入したばかりの時は部屋にある小物等を試し撮りをパシャパシャとして、背景をぼかしたり構図を考えたりしました。

まず、何を撮れば良いのかもわからなかった私は、紅葉、季節の花、一人旅のすすめなど、ネットに載っている記事を読みました。
SNSで、開催されているイベントを取り上げているアカウントをフォローしてみたりもしました。
見つけた記事で気になるものがあるときは、実際に行ってみて写真を撮る、ということを少しずつ始めました。

カメラを使い始めて分かったことは、撮影を目的に出掛けるのは一人で行くのに限る、ということです。
カメラの操作が慣れていないうちに、友達と出掛けた先にカメラを持ち出すと、構図を考えたり設定を変えたりすることで、相手を待たせてしまうのではないか、という思いから思うままに時間を掛けて写真を撮ることができません。
同じく、写真を撮りたいと思っている友達と一緒でない限り、写真を撮ることを目的に行くのは難しいものだと感じました。
そこで初めての一人旅に行くことを決めました。

行き先は秋の京都にしました。
理由は、日本の中でも紅葉の名所である京都で、色鮮やかな写真を多く取りたいと思ったからです。
私と同じように一人旅に来る観光客も多くいます。
せっかくカメラを持っていくのだから、大自然の壮大さを感じられるところに行ってみようかと思ったのですが、初めての一人旅に女一人で行く、という心細さから、人の行き来が少ないところよりも多くの人で賑わっている観光地を選びました。

いざ、行ってみた一人旅はとても楽しかったです。
どこの場面を切り取っても絵になる京都という都は撮影旅にぴったりでした。
古都と紅葉のコラボレーションは古き良き日本を表していて、多くの外国人が京都を訪れる理由が、日本人ながらに分かった気がします。

同じ構図で、カメラの設定を変えて何枚撮っても、待たせる相手もいないため咎められるこかくともありません。
自分が納得するまで同じところにいられ、自由気ままな旅となりました。
最近、私はツイッターやインスタグラム等のSNSに撮った写真を載せるようになりました。
同じように写真を撮る方々が使っているタグを自分の写真につけることで、タグをもとに私の写真を見てくれる人もいます。
見ず知らずの方から頂く「いいね」は自信につながります。
もっと多くの人に写真を見てもらいたい、という気持ちが大きくなります。
また、タグをもとに、他の人が投稿した写真を見ることも増えました。
自分では撮ろうという発想に至らなかった、身の回りの風景や日常生活が美しくおさめられている写真に出会うことがてきました。
これからも、多くの写真を見て、いろいろなものを撮ることに挑戦しようと思います。
趣味として一眼レフと一人旅、とてもおすすめです。
ichigan_camera_woman