用途に応じて使い分けるニトリートのテーピング

一言でニトリートのテーピングと言っても様々なタイプのものがあり、
使用用途や使用場所によって使い分ける必要があります
我が家は主人と息子がサッカー。
娘がバレーボールをしているため、それぞれテーピングの太さや
保護の目的が違ってくる為、数種類のニトリートのテーピングが常時、
!(^^)!常備されています。

サッカーをしている主人は、無理をすると膝腰に負担が来るようで、
膝用と腰用のテーピング。
息子も怪我が多く、膝を痛めた時用に膝用のテーピングを欠かす事が出来ません。
これらに加え、バレーボールで指の突き指などが多い娘の為に
指用のテーピングも必要で、これらの用途に応じた物を準備しておく
必要があるのです。

また、それぞれの場所によって巻き方が異なる為、
私はニトリートのホームページを参考に
それぞれに合ったテーピングの巻き方を勉強しました。

初めのうちは、巻き方を((+_+))覚える事ができず、
指と膝の巻き方を反対にしたりと(>_<)失敗もありましたが…
今では、間違えることなく素早くテーピングを巻く事ができるようになってきました。

最近では、肩が痛くなる事もある私も、ニトリートのテーピングを使用する事も・・・。
その際は、肩だけに自分で巻く事が(>_<)難しい為、主人や娘に
手伝ってもらって巻いています。

スポーツで頑張っている主人や子供たちの他、特に(^_^;)何もしていない
私のような人までにしてくれるテーピングは我が家にとって
(>_<)欠かすことの出来ない常備品になっています。

hospital_taping