初めてお酒の買い取りサービスを利用しました

海外旅行が好きな両親が出かけるたびに現地のお酒を買って来てくれます。
結婚前はよく酒豪と言われ、自宅でも外でもよくお酒を飲んでいたので、
お酒なら間違いないと思って(ーー;)お土産にくれるようです。
しかし、中年の域に達した今、ビールやワインは軽く飲みますが、
アルコール度数の高い海外のお酒はそうそう(;一_一)飲むものではありません。
両親には何度か説明したのですが、あまりにも昔のイメージが強いのか、
いくら言っても買ってくるので、諦めていました。

しかし、そんなお酒が10本を超え、家に置いても(ーー;)邪魔だし
もらってくれる人もいないので(>_<)困っていたところ、
ネットで飲まないお酒の買い取りをやっているお店を近くに発見しました。
決して高級なお酒ではないので迷ったのですが、
電話をかけて自宅に来てもらい、査定を受けました。
10本で3200円と、まあまあ期待通りの金額で買い取ってもらい、(^^♪満足しました。

リース絵画を利用しているかかりつけの小児科

私がいつも行く小児科の先生は大変な絵画好きです。
病院というと(ーー;)殺風景なイメージがありますが、この小児科には受付にも待合室にも絵画がたくさん飾ってあります。
しかもどうやら季節ごとに入れ替えをしているようなのです。

あまりに綺麗な絵が多くて素敵なので、受付のスタッフの人に話してみると、リース絵画を利用しているとの答えが返ってきました。
リース絵画なんていう言葉は(?_?)初めて聞きましたが、そういうサービスがあるようです。

絵を購入するのは少し高いし、いつも同じ絵よりは期間ごとに変わるほうがいいという人にはリース絵画のサービスはぴったりではないかと思います。

これから夏にさしかかるので、先日行った時には美しい新緑の山の風景画と素敵な海の絵が飾られていました。

ここの小児科に行くと、子供たちも絵をよく眺めています。
自分が体調の良くない時にもここは内科もあるのでよく着ますが、いつも絵を見て和んでいます。
具合の悪い時こそこういう絵が飾られてあるとなぐさめにもなっていいと思います。

先生はよくリース絵画という素晴らしいサービスに気づいて利用しているなと感心しました。
子供たちにとっても色々な絵を鑑賞するのはいいことだと思います。

小児科には子供たちの風邪や病気予防接種自分の(>_<)体調不良などたくさん来る機会があるので、季節ごとにいろいろな絵が(^^♪楽しめる場所でもあるのはとてもありがたいなと思いました。

リース絵画はとてもいいと思ったので、うちももう少し余裕が出たら自宅にもリース絵画を利用できたらいいなと思っています。
そのためにもどんな絵がレンタルできるのかなどホームページなどを見て( ..)φ情報収集しておこうと思っています。