おばあちゃんの作った家の畑で野菜の収穫

私の住んでいるところは田舎です。私の家の裏におばあちゃんが作った畑があります。いろんな野菜を植えており、食べたい分だけ私が収穫します。季節の野菜をたくさん食べられるのはとてもありがたいことです。

今日は、ほうれん草とねぎを収穫しました。ほうれん草はもう毎日のように食べています。食べないとせっかく育った野菜が無駄になるので、毎日料理をしています。ほうれん草のオムレツに、ほうれん草のグラタン、ほうれん草のおひたしに、炒め物、パスタ・・・。もう定番の料理はしつくしてしまっています。ケーキなんかのお菓子も作りました。おいしいけど、なにか新しい料理はないかな、と、いつもネットでレシピを検索しています。今晩も悩みそうです。

ねぎのほうは、お味噌汁に浮かべたり、牛丼を作ったときにかさ増しにたくさん入れたりします。
冬の間は毎日のようにねぎと大根と白菜を食べ続けていました。おばあちゃんはいつも大量に野菜を植えます。もしうまく育たなかったときの不安や、家族や親戚みんなが野菜に困らないようにという気遣いかもしれません。近所の人も、農家ではないのに、大量に作っているところも多くて、近所を散歩しているだけで食べきれない野菜や果物を頂いたりします。時には珍しいゴーヤや、うこっけいの卵を頂いたりもしました。珍しい食材は調理法もわからないので、直接作り方を教えていただいたりします。ネットに載ってないレシピを実はみんな持っていて、おいしくたくさん食べようとしているのだと感じました。

毎日のようによく使うジャガイモやたまねぎは自然と消費されていきます。夏になればピーマンやオクラ、トマトや豆をおばあちゃんはまた大量に植えます。年々私も工夫の仕方もわかってきて、保存食もできるようになりました。最初は収穫の仕方も、収穫のタイミングもわかりませんでしたが今では、食べごろがわかるようにまでになりました。健康的な生活が送れてるなぁと実感しています。

今晩も、おいしい野菜をたくさんいただきます。

衣替えは断捨離の最高のタイミング

年末の大掃除の負担を減らすため、少しずつ家を片付けたり磨いたりしている今日この頃です。

我が家は転勤があるので引越し準備の際に断捨離をすることが多いですが、本当は衣替えで断捨離ができていれば、不用品を溜めこまずに済みますよね。
前回の引越しでは直前に不用品回収業者を利用し、軽トラの荷台いっぱいにものを処分しました。
ちょうど家具の買い替えのタイミングにはまっていたとはいえ、ふだんからもっとスッキリした暮らしをしたいとつくづく思ったものです。

そんなわけで先日も衣替えで断捨離したのをきっかけに、ちまちまと掃除も始めた次第です。

今回の断捨離はけっこう思い切りよくできて、やっている間はどこか「これでいいのかな…」という思いがぬぐえずにいたのですが、結果的には大正解でした。

私の場合、捨てるのに勇気が要るのは愛着のあった洋服です。
それでもさんざん着古していれば心から「ありがとうございました!」という気持ちでサヨナラすることができるのですが、好きなのに着るチャンスにそう恵まれなかった服は易々とゴミには出せません。
状態の良いものは事前にオークションに出しておいたので、出品しても売れないだろうと自分で判断しているにもかかわらずです。
そういった微妙なラインの洋服をこれまでは手放せずにいたのですが、今回は一大決心して全て処分したのです。
ただ捨てるのは忍びないので、綿素材のものなどはハサミでカットして、細々したものの掃除に使いました。

おかげで部屋も心もだいぶスッキリ!
衣替えで断捨離、これからは習慣にしていきたいと思います。

流れを変える大切さ

もしもみんなが何か大きな問題について議論をしていた時に、その場の雰囲気が暗くてみんなの心も沈んでいた時に、誰かが「ぶーっ」と大きな音でおならをしたら、きっとみんな大笑いしてその場の空気も変わる事でしょう。

こんな風に先の見通しも見えない暗い状態の時に、そのままみんなが絶望的な気持ちで沈んでいてもどうにもならないので、おなら爆弾はちょっと行きすぎですが、こんな風にその場の悪い状況を一変する力って大切だと思いました。

絶望的な状況の時にお腹を抱えて笑える事が起きたら、もしかすると絶望的に思っていた問題も、楽しく取り組んでみようといったビジョンが出来るのです。

私は人よりもとびぬけて馬鹿ですが、馬鹿のおかげで周りの暗い沈んだ空気も面白く変える事が出来るから馬鹿で良かったと思っています。

普段難しい顔をして世の中の問題について議論したり勉強ばかりする事も大切ですが、たまには馬鹿になって思いっきり笑う事も大切です。

そうしないと世界がきっと面白くないものになってしまうからです。

世界中の人がみんな賢くて、いつも何か問題ばかり抱えていていろいろな事に悩んでいる時に、私のような馬鹿が混ざる事によって面白い世界に変わっていったらいいなと思いました。

シェアしながら利用される中古機械

中古となった機械は、複数の利用者によってシェアされるようになってきているのではないかと考えられています。
近年では中古機械を限られた時間のみ利用したいと希望する人が多く存在するようになってきているため、このようにしてシェアしながら機材を利用していくあり方が広がりを見せていると言えるのではないでしょうか。
効率良く中古の機械を利用することにも繋がっているとされており、幅広い方面からの関心が示されているのではないかと推測されています。
利用したい人同士で協議し、中古の機械をどのようにしてシェアするかも模索されていると推測されています。

従来に比べて、中古機械をシェアして利用することがスタンダードなものとして認識されるようになってきており、大きくクローズアップされています。
シェアし合う人の数も多くなってきていると考えられているため、適宜中古の機材が利用されていくのではないかと思います。
今後もこのような動向がしばしば確認されていくのではないかと予想されていることから、これまで以上に効果的に機械が利用されていくことに直結していくのではないでしょうか。
幅広い分野において強い期待が示されていくものとみられています。

近年は中古機械の買取業者なども増えているので年々、流通量が増えてきているようです。

私の先祖は誰?

一般人でも、先祖をたどっていけば有名人にたどりつけるんじゃないかと思うことがありました。
タレント活動をしている中川翔子さんですが、5代目くらいまでさかのぼると、ある業界の歴史を変えたという人に辿り着き、その書物が大学によって保管されていて、歴史を紐解けることになりました。
それを見ていると、もしかしたら私の先祖にも誰かしら偉い人がいたのではないかと思うようになりました。
どうせ農民で、武士でも公家でもなく一般ピーポーとして暮らしていたのだろうと容易に想像がつきますが、5代もさかのぼると結構色んな人が関わっているのがわかりました。
先祖というにはかなり血が薄いですが、それでもなんとなく昔の人のことは気になります。
今がそんな激動の時代でもなく、今から私が有名になるのは無理なので過去の人に頼るという体たらくです(笑)
gosenzosama

少なくなった昔ながらの銭湯

齢40も過ぎると子供の頃にあったものや行ったところが無くなっていくことに寂しさを感じるものです。
代表的なものでは駄菓子屋がありますね。
学校帰りや休みの日に小銭を持って友達と集まっていました。
もうひとつ「銭湯」があります。
幼稚園から小学生の約3年間は家にお風呂が無かったため、家の目の前にある銭湯に通っていました。
番台が男湯と女湯の境にありお金をチャリンと置き、そして服は籠に入れてポンと置く。
湯船は適温の広い浴槽と少し熱い立湯がある昔ながらの銭湯でした。
子供だったので人が少ないと泳いだり潜ったりして、よくおばちゃんに怒られていたことを思い出します。
またよく銭湯の描写で湯上がりにコーヒー牛乳やフルーツ牛乳を飲む光景がありますが、当時は買ってもらうことができず一度も飲んだことは無かったと記憶しています。
その後転校することになり、引っ越し先の家にはお風呂があったため銭湯には行かなくなりました。
社会人になり自転車通勤をしていた時にふと思い出し、昔住んでいた周辺を散策しながら帰宅しようと思い立ちました。
記憶では周囲に何件か銭湯があったはずなのですが、どこを通っても見当たらなく新しいマンションやアパート、スーパーマーケットが建ち並んでおり、そして以前通っていた銭湯もすでに閉まっておりました。
もっと広い範囲で探せば数件残っているのですが、総数はやはり激減しているように感じます。
今ではスーパー銭湯が数多く展開されていて近所のスーパー銭湯には年間数回は入りに行くのですが、施設の規模や内容を見ると銭湯というよりも日帰り温泉という印象ですね。
お湯が熱くて水でうめるとおじさんに怒られたり、銭湯の常連さんとお話したりということが無いのはどこか寂しいというか物足りない感じがします。
どうしてもアトラクション的な施設にしないと集客が見込めないという理由があるとは思いますが、小規模で近所の人達と密に繋がれる銭湯は子供から大人までの交流を生むこともあります。
特に震災で被災された地域で仮設暮らしをしている方々には交流が大切なので、昔ながらの銭湯を是非とも復活してもらいたいものですね。

ツイッターの力ってすごい

先日、大学時代の友人が子猫を保護したとツイートしていました。
その後見たら、里親をツイッターで募集していました。
私の家はペットを飼えないのでリツイートだけしておきました。
その数時間後、友人は里親希望の方から問い合わせがあったそうです。
そして話をし、猫を譲ることが決まったと喜んでいました。
この話を聞いて、ツイッターの力はすごいと感じました。
普通に生活していたら関わらないであろう方と簡単に繋がることができ、時に命を救うこともできるのですから。
子猫の命が救われてよかったです。
ツイッターはリツイートによっていろいろな情報があっという間に広まります。
悪い内容だと少し前にはバイト先での馬鹿な行動の写真がありましたね。
そういった時私は腹を立てますし、変な馬鹿が多いとつい口の悪いことを考えてしまいます。
だけどそれだけでなく、今回のように大切なこともきちんと広がってくれるのだと思いました。
現に私もツイッターを始めたことで初めて見聞きした『良い話』がたくさんあります。
それを見ると嬉しくなるし、人間も案外捨てたものじゃないと思わせてくれるのです。
ネットというのは危険な面もあるけれど、それは個人の使い方の問題です。
きちんと気をつけて使えば便利で素晴らしいものなのだと思います。
いい情報も悪い情報も関係なく流れるのが、ツイッターでありインターネットなのでしょう。
だからこそ私も情報の真偽に気をつけながら、楽しくインターネットと関わっていきたいです。
sns_tsukare

中古パレットを売却する時は社名はどうなるか

中古パレットには、2つの意味合いがあります
いわゆる購入の意味合いで用いられる事は多いですね。
つまり、そのパレットを購買する事になります。
もう1つの意味合いは、そのパレットを売却する事です。
そもそも中古品というのは、いわゆる買取が行われている事も多いですね。
パレットを取り扱っている会社に連絡をすれば、その中古の品物を売る事もできる訳です。
かなりパレットを使い込んだ法人などが売却している事例も多々見られます。
ところでパレットを売却するとなると、ちょっと社名が気になる方もいらっしゃるようですね。
というのも一部のパレットには、自社名が印字されている場合があります。
その印字を、誰かに見られてしまうのは困る方もいらっしゃるのですね。
いわゆるライバル業者にそれを見られるのが心配な方も見られます。
ですが売却時には、それは問題無いと考えて良いでしょう。
というのも売却の手続きが完了した後は、そのパレットはリサイクルされる事になるのですが、基本的に全ての名前は消される事になります。
特殊な塗料などを用いて、パレットの印字などは全て取られるのですね。
また塗料でそれを消すのが難しくても、パレットのカットを行う事もあります。
すなわち一部を削りとって、再利用されるケースも多々あるのですね。
ですのでパレットに対する社名などは、基本的に消してくれます。
特に心配無いケースはほとんどなのですが、それでも不安があるならば中古パレットの業者に問い合わせてみるのが良いでしょう。