衣替えは断捨離の最高のタイミング

年末の大掃除の負担を減らすため、少しずつ家を片付けたり磨いたりしている今日この頃です。

我が家は転勤があるので引越し準備の際に断捨離をすることが多いですが、本当は衣替えで断捨離ができていれば、不用品を溜めこまずに済みますよね。
前回の引越しでは直前に不用品回収業者を利用し、軽トラの荷台いっぱいにものを処分しました。
ちょうど家具の買い替えのタイミングにはまっていたとはいえ、ふだんからもっとスッキリした暮らしをしたいとつくづく思ったものです。

そんなわけで先日も衣替えで断捨離したのをきっかけに、ちまちまと掃除も始めた次第です。

今回の断捨離はけっこう思い切りよくできて、やっている間はどこか「これでいいのかな…」という思いがぬぐえずにいたのですが、結果的には大正解でした。

私の場合、捨てるのに勇気が要るのは愛着のあった洋服です。
それでもさんざん着古していれば心から「ありがとうございました!」という気持ちでサヨナラすることができるのですが、好きなのに着るチャンスにそう恵まれなかった服は易々とゴミには出せません。
状態の良いものは事前にオークションに出しておいたので、出品しても売れないだろうと自分で判断しているにもかかわらずです。
そういった微妙なラインの洋服をこれまでは手放せずにいたのですが、今回は一大決心して全て処分したのです。
ただ捨てるのは忍びないので、綿素材のものなどはハサミでカットして、細々したものの掃除に使いました。

おかげで部屋も心もだいぶスッキリ!
衣替えで断捨離、これからは習慣にしていきたいと思います。