隣の歯を削る必要は無い入れ歯

歯科医院での治療では、歯を削るケースがしばしばあります。それで隣接している歯を削らなければならない事もあるのです。そもそも歯は、複数本ありますね。1本だけではないのです。Aという歯の隣には、BやCなど複数の歯があります。それでAに対する治療が、BやCに影響する事もあるのです。

例えばAに対して、やや大きめな歯を被せるとします。いわゆる差し歯などで、キャップ状の歯を被せるケースも珍しくありません。ところがその治療時には、隣接しているBやCなどへの削り作業が必要な事があるのです。かみ合わせの問題があるので、どうしても隣を削らないと、歯に深刻なダメージが発生する事があります。
ところが入れ歯には、その削る事に関するメリットがあるのです。そのタイプの歯の場合は、基本的には隣り合っているBやCなどに対して影響が及ぶ事はありません。

というのもそのタイプの歯の場合は、いわゆるフックなど用いて隣に引っかけるだけです。わざわざ隣りの歯を削る必要もないのがメリットですね。
また入れ歯の場合は、費用もリーズナブルになっています。ネジ状の歯などに比べればかなり料金は低めなのですが、それもメリットの1つと言えるでしょう。ただしその料金は、もちろん保険にも左右されます。