意外と知らない歯周病の怖さ

20161207a
歯医者で働いていて思うこと
、皆さん意外と自分のお口のなかに関心がないこと。
100%に近い人が毎日歯磨きをしていると思います。
しかし、歯磨きをしていると、できているとはまた別問題。
すごく綺麗な女性でもお口のなかを見ると。。。
幻滅することがおおいです。
先進国の中でも日本は「歯」に対する意識レベルはとても低いそうです。
その中でも歯を失うNo. 1の原因は歯周病。
皆さん歯がダメになると言えば虫歯のイメージが多いと思いますが、意外とそうではないんです。

歯周病がNo. 1です。
しかも歯周病は中年、高齢者の病気と思っていることが多いんですが、 年齢は関係なく成人の8割の方が感染しています。
でわ、その歯周病がどんな病気なのかを説明すると、歯周病菌とゆう細菌がお口の中に感染することによって引き起こされる感染症です。
この感染症が成人の8割の方が感染しているのだから怖いですよね。

しかし進行具合は皆さんそれぞれです。
歯周病の症状は歯を支えている顎の骨をじわじわ溶かして行ってしまいます。
また一度溶けてしまった骨は二度と元には戻りません。
初めは自覚症状がほとんどでないので、皆さん末期になるまでなかなか診察にいらっしゃいません。
末期になって歯がグラグラ、痛い、噛めない、そうなって来院されてもほとんどの方が抜く治療になります。
歯が一本無くなると、1本位平気と思われている方が多いですが、しっかり噛めない、消化機能に負担。
欠損箇所が多くなるとうまく噛めず脳の血流が悪くなるので、若いうちから痴呆症。歯列のズレ。
思いがけないところに弊害が出てきます。

また最近よくテレビで取り上げられている、歯周病と全身の関係。
歯周病は感染すると、歯茎が腫れます。
歯ブラシをすると腫れている歯茎から出血します。
出血するのはそこの血管が切れているんですが、そこから歯周病菌はドンドン血管内に侵入して全身を血液と共に循環しだします。
そうすると今度は歯周病菌が原因で血管の内壁にカスがたまり、コブ状になっていきいずれ詰まる可能性がでてきます。
脳で詰まったら脳梗塞、心臓で詰まったら心筋梗塞

女性の方は低体重児出産に繋がったり、糖尿病のかたはうまく治療が進まなかったり。。。
意外と歯周病って身近なほとんどの方が感染している病気ですがその実態を知っている方はどのくらいいるのでしょうか?
歯周病の対策としては、1番は歯ブラシ徹底、歯科で専門的なお掃除、歯周病菌を殺菌することが大切になってきます。
皆さん他人事だとは思わずしっかり自分のお口の中に関心を持ちケアしていきましょう。