ハイブリッドのスポーツは受けない?

今回車について考えてみました。ハイブリッドスポーツの代表といえるのがホンダのCR-Zですが、近年・販売台数が伸びず(月産100台程度)生産打ち切りが決まったようです。

たまに街中で見かけるCR-Zをみては、ウキウキしていたのですが私的には非常に残念でなりません。ハイブリッドスポーツでしかも、MTの設定のあるのはCR-Zだけなんです。ただでさえCVT全盛の昨今、MT派の私としては肩身が狭い?思いをしておるのでございます。

MTの利点と言えば
まず第一にMTは発進時や加速時・減速時に必ずクラッチを切り、ギアを入れクラッチを繋ぐ必要があります。そしてアクセルをなめらかに踏むと、これでようやく加速出来ます。
でも、この操作を行っている間は車は加速しないので、回りのAT・CVTやらには置いていかれてしまうのであります。他の車から見れば「何やってんのコノ人?」と思われているに違いありません。

次にMTには車を操作している感があり、楽しい。ことに私の車は古いが為、電子制御なるものが無いのであります。ブレーキ・ハンドリングは全て自分の感性で行います、走る・曲がる・止まる の基本が出来ていないと車はうまく走ってくれないのです。そこを自分でポンピングブレーキを掛けたり、シフトダウンしながらエンジン回転を調整するのが感覚的にも楽しいのです。

最後にMTはアクセルとブレーキを踏み間違えるキケンが無い。たまーにコンビニ等に車が突っ込んだなんて記事が出ていますが、これはアクセルとブレーキの踏み間違いによるものです。以前にMTに乗っていた方が、AT・CVTに乗っているのをつい・忘れてアクセルとブレーキを間違えてアクセルを踏み込んでしまうのです。すると、キックダウンという現象が起こり車が加速状態になります。人間パニックになると間違ったアクセルを踏み続けます。これが原因になるのです。

MTは緊急時にクラッチを切れば動力はカットされますので大事には至りません、そこが一番大事?

話は大幅にそれてしまいましたが、ハイブリッドはあくまでも燃費重視なのでスポーツ性はそれほど強調していなくても売れる事。また、モーターと電池を積んでいるので重いので、スポーツには向かないと考えられることが挙げられる。現時点ではガソリン車の方がスポーツ性を引き出すのが容易な為、ハイブリッドのスポーツは難しいのでしょう。でも、海外のメーカーはプラス・ダウンサイジングターボでハイブリッドのスポーツ性を高めています。日本車もそんな車を作って欲しい、是非MTで。
car_sports